ブログに何書けばいいのかわからない…その理由が判明した

こんにちはきくさん(you_1581)さんです。

 

  • ブログやってみたけど何を書いていいかわからない。
  • いざ書こうと思って、パソコンの前に来たけどなかなかまとまらない…
  • キーワードにそって書くと言われてもどうしたらいいかわからない…
  • 参考にしようと思ってほかの人のブログ見てきたけど…レベルが高すぎて書けない…
  • 気にしなくていいや!と思ってもやっぱり気になっちゃう…。
  • 何を書いてもだめと思っちゃう自分を助けて(*´Д`)

 

この気持ち、めっちゃわかります。

そして謎にどんどん追い込まれるんですよね(*´Д`)

そんなお悩みを解決できるように記事を書かせていただきました!

よかったら最後まで見てやってください。

 

この記事の内容を4行で解説

  • ブログを書くことへのハードルが下がる
  • ネタに困らなくなる
  • 完璧人間を排除
  • 大事なことは続けること



ブログに何書けばいいのかわからない…その理由が判明した

 

インプットをしすぎてアウトプットが圧倒的に足りていないからです。

頭の中がごちゃごちゃしすぎて何を書けばいいのかわからなくなってしまうんです。

つまり、勉強しすぎて消化不良を起こしているよ~ということです。

 

わかりやすいようにドラクエで想像します。

プレイ開始後、序盤のストーリーを経て、街の外への買い物イベント発生のため、主人公は村を出ようとしました。

と、その時、急に村長が話しかけてきました。

「この髪飾りをヨンダという町に届けておくれ。そしたらこの手紙の書き方を教えてくれるからそれをわしに教えてくれ。村に帰ってくる前にブログ村によってこの謎の巻物について調べてきてくれ。この巻物には規則的な書き方で書かれているのだがわしにはわからんのじゃ。この巻物はそもそも・・・あ;lkgじゃ:s 」

 

とまぁ

ゲーム開始直後にこんな意味不明な話をされてもパニックですよね。

 

リアルの友人とかに言われているのなら

いやいやそんなに言われてもわかんないから!

と言えるのですが、ゲームのシステム(村長)が説明した時には頭がパニックになってしまいますよね。

 

ヘタしたらそこでゲームを辞める人がいるかもしれません。

 

だってゲームの世界だと

  • 主人公=あなた
  • ゲームのシステム(村長)=師匠的なひと

なので

師匠的な人(村長)に言われたら「理解しないといけないのか…」みたいな感じで脳にストレス感じません?

やらなきゃいけない感みたいな。

 

これを現実世界に変換すると

  • あなた
  • ネットの情報(メンター・インフルエンサー)=師匠

こんな感じになっているんですね。

 

見たことや聞いたこと、勉強したこと全てにこの通りにしないといけないみたいな感じになっている状況です。

それは不可能すぎます…。

頭がパンクしてしまいます。

 

つまり

これを現実世界、いわば今のあなたの状態に変換すると、

レベル1なのに難しいことを言われて、消化しようにも理解できなくて、まだ村の中にいる主人公なわけです。

 

村の中で動き回って、何度も同じMOBキャラに話しかけて、なかなか村からでない=物語がすすまない…

こんなイメージです(^^♪

 

それよりも

さっさと村の外に出てスライム倒してレベルをあげんかーーーっ!

ってなりませんか?

 

つまり、あれこれ考える前に、どんどんアウトプットしていきましょう、これが大事なんですよ☺

 

ブログに何を書けばいい?まずはハードルを下げるところから

インプットしすぎて消化不良になっているあなた。

 

  • SEO対策しなきゃ…
  • 価値のあるコンテンツを作らなきゃ…
  • キーワードにそって書かなきゃ…
  • 本文中にキーワードいくつ入れるんだっけ・・・・

 

ちょっちょっちょっ 待ちましょう。

ひとまず落ち着きましょう。

いいですか?落ち着きましたか?

 

あなたの脳内は確かに大事なんです。

 

でも、そこにかけている時間、何時間投下していますか?

 

1日で終わっていますか?

3日くらいかかっていませんか?

 

書かなきゃ、書かなきゃ、と思いつつ、どんどん時間がたっていって、焦りを感じていませんか?

 

 

その状態で記事を書くと、とんでもない記事ができあがりますよ。

分かりやすく言うと、支離滅裂で論理破綻している文章の完成です!いぇい!

確かに、

成果を出したい、失敗したくない、という気持ちはわかりますが…読まれる記事って、切羽詰まった状況ではできないことなんですよね…。

 

そんなメンタルで大丈夫か?(某ゲーム)

 

ブログに打ち込むのは大事なんですけど、必死になってはいけません。

 

なぜなら、人は必死になったり、切羽詰まったりすると、相手のことを考えられなくなるから、です。

 

相手のことを考えられない=自分よがりの記事になる=誰にも読まれない記事の完成!

 

つらみの極みです。

 

じゃどうしたらいいか?

簡単です、ネタに困っているのなら今日のご飯を記事にしましょう。

 

例えばセブンのシーチキンのおにぎりを食べた

だったら

 

タイトル


【感動】セブンのシーチキンのおにぎりを食べて気づいたこと【レシピ有】


内容

子供のころから食べ続けているシーチキンのおにぎり。

何年たっても変わらない味、その味に涙したので今日は感謝の意味を込めてレシピや、お魚嫌いなお子様に向けてレシピを書いていく。

——————————————————

こんな感じではいかかでしょう?少し気になりませんか?

実際にこのキーワードで調べたところ、レシピ付きの記事やシーチキンのおにぎりを分解して解説している記事もあったので、多分検索されるかもです。

他にも例を出していきます


一日のあなたの出来事が

・今日は会社帰りにスタバによって○○を飲みました

だったら

タイトル


スタバの○○を飲んでみた感想【スタバ歴○○年が解説】


 

 

一日のあなたの出来事が

・今日は会社でいやなことがあった

だったら

タイトル


嫌なことをされたときにやってはいけない行動7選


 

 

一日のあなたの出来事が

・朝寝坊した

だったら

タイトル


朝寝坊しても大丈夫!大事なことは1つだけ


 

 

こんな感じでかるくゆるく考えていると、無限にネタがわいてくるんです。

 

ネタの出し方の疑問について解説

 

「ネタの出し方はわかったんだけど、それ検索ボリュームあるの?」

「需要のない記事を書いても仕方なくない?」

 

きっとこんな疑問が出てくると思うんです。

 

確かに大事なんですが、まずはそのまえに

自分の書いた記事が上位表示をされる感覚と技術を身に付けることが大事です

 

レベル1なのにレベル10で倒す予定のボスは倒せないということ!

 

その前に、小さな成功体験をつかんでいこうよ!ということです(^^♪



SEOに関していろいろな情報があるんです。

でも、全部正解だし、全部合っていないかもしれないんです。

正解はGoogle様にしかわかりません。

 

だから一つずつ仮説を立てながら、発信をする。

この発信をすることが大事なんです

 

なんでもいいから発信をする。

インプットも大事だけど、書いてみる。

1行でもいいんです。

 

 

今日スタバに行った、○○を買った

-終わり-

 

これでもいいんです。

明日になったら、その文章に追加すればいいんです。

 

今日スタバに行った、○○を買った

サイズはtall、結構きつかった、想像はしていたんだが、甘すぎた、、、。

こんなに甘いとは思わなかった。

ちなみに僕は男性、40代、お酒が好きだ

 

このように付け足していくと、徐々にブログは完成していくんですよ。

あわせて読みたい 

ブログで文字数を気にするのはそもそも間違いのはなし

 

 

そんな情報に価値はあるのか?

と疑問に思うかもですが、この記事を読んだあと、その人はスタバの店員さんに確認するかもしれませんし、友人に聞くかもしれません。

 

情報をのこしておけば、40代の酒好きの人が甘すぎるってことは実際にはそんなに甘くないかもな…みたいな予想を読者側が想像することができます。

 

情報の価値は読者さんが決めるのです

※Googleのために記事を書いても、読者が有益と判断しなければ飛ばされるので筆者ではありません。

 

 

そしてそもそも

 

最初から完璧な記事を作るなんて無理っす!!!

 

そこを目指すといつまでたっても生産できずに、データもとれない、自分のもっている情報で何が需要があるかわからない=何を書いていいかわからない、こんな感じになってしまいます。

 

なんどもお伝えしますが、なんでもいいから書く、これにつきます。

 

そして大事なこと

  • 困っている人を助けたい

こんな気持ちが筆を走らせるんです。



ネタに困らなくなるには

理屈はわかったけど、ネタに困らないようにしたい。

日常がほぼルーティンだから、いつかはネタが尽きちゃうよ。

 

そんなあなたに、ラッコキーワード

ここから単語を拾って、記事を書いていくんです。

赤枠の部分が一番検索されているワードです。

じゃ、ここに書いてある単語を狙って書けばいいんだな!

と、思われますが、ぼくはオススメしません。

 

なぜかというと、検索ボリュームが多い=競合ばかり、なので勝てないんですね。

 

もう少しサイトが成長して記事を書くのに慣れたら攻略しましょう。

最初は勝てる戦をする、これがブログで稼ぐことの本質です。

自分のレベルに合った戦い方をしないと病みます(*´Д`)

 

話が脱線しましたが、ラッコキーワードを使うか、Q&Aサイトを使うのがいいです。

 

というか両方ともネタの宝庫ですね!

 

ラッコキーワードはそこに書かれているキーワードのまま記事を書けばOKですし、ヤフー知恵袋や、ほかにも教えてGooはリアルな悩み相談場所です。

 

ここにある質問や回答に対して、ほかの情報を盛り込む回答に関しては間違っていることもあるのでちゃんと裏をとらないとだめですよ

 

自分の主観を入れて(オリジナリティ)記事を書いていけばOKです。

 

質問=実際のリアルの声=共感=閲覧数

需要のある悩みがすぐわかりますよ!

 

 

完璧人間を排除

 

ここまで読んでくださったあなたには感謝です。

ありがとうございます。

 

 

そして

時には、これでいっか…という感覚を持ちましょう。

完璧人間になるのはプロになってから!

 

 

初心者の内はとにかく書いて自分に刻んでいくことが大事です。

 

1日1記事(文字数は問わない)これが目標。

 

あなたのすることは、ネタを考えて、キーワードを決めて記事を上げる(文字数は問わない

ブログで文字数を気にするのはそもそも間違いなはなし

 

これがあなたのミッションです。

 

 

ほかの、こうするべき!みたいな情報は抹消しましょう。

 

あまり気負い過ぎるとマジで続かないし、病みますよ。

 



 

大事なことは続けること

どんなこともそうですが、大事なことは続けること。

テクニックや方法は二の次、サンの次です。

とにかく続けること。

続けないと、自分に合うのか合わないのかもわかりません。

 

最低でも、

 

自分はブログは合わなかった。

なぜなら、短気でせっかちなので、結果が出る前に情熱がなくなったからだ。

それに、文章よりも話す方が好きみたいだ。

ブログに向いている人は、忍耐強くて頭の中で考えまくる人が向いていると僕は思う。

 

こんな感じまで落とし込めて話せるようになると、ブログをやった経験が身に付きますよ。

まとめ

ブログを書くことへのハードルが下がる

あたまで考えすぎて動けなくなっている。

インプットも大事だけど、とにかくアウトプット。

迷うということは、アウトプット不足。

アウトプットをして、自分の体に刻み込もう。

 


ネタに困らなくなる

ラッコキーワードや、Q&Aサイトを使う。

日常を記事にする。

シーチキンのおにぎりを食べた→シーチキンの過去の思い出について書く。

外出たときに、風が気持ちよかった→気分転換の大事さについて書く。

嫌なことがあった→嫌なことがあったときにやってはいけないことを書く。

 

 

完璧人間を排除

完璧人間になるのはプロになってから。

初心者のうちはとにかくアウトプット。

時には、これでいっか…という感覚も大事。

ネタを考えて、キーワードを決めて記事を上げる(文字数は問わない)

これがあなたのミッションです。

 

 

大事なことは続けること

続けて、自分の経験値にしよう、結果合わなくてもあなたが挑戦をしたことには変わりないです。

挑戦の数だけ失敗があります。

挑戦した数だけ成功の確率も上がります。

経験値はなくなりません。

いつかその経験値はいつか自分の成功につながります。

 

 

とにかく楽しみましょう!

 

 

 

それでは(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました