【書いても圏外なんだが】ブログが読まれない理由がわかった!小さな成功体験を掴もう。

こんにちはきくさん(you_1581)さんです。

 

ブログが全然読まれない…

記事を書いてもGoogleの検索結果にのってないし、PV0。

ちゃんと書いてるつもりだけどなんで読まれないんだろう。

アクセス増やしたい…。

 

ブログを書き始めて約5か月。

記事を書いてもほぼアクセスがなかったので、この気持ちめっちゃわかります。

 

ずっと「なんでだろう…学んだ通りやってるんだけどな…」って思いながら記事を書いていました。

いわば、思考停止状態ですね(*_*)

 

こんなはずじゃなかったと思いが強くなればなるほど心が折れそうになったのですが…。

あるとき、ブログを書き始める前に勉強したメモ帳を見たんですね。

そしたらなんと、その時の方が理解しているんですよ!

しかもわかりやすく書かれていて…なんか不思議な感覚になりました。

きっとその時の方が謙虚で素直だったんだな…って思いました。

 

詰まったときは初心に返る

 

これ、超重要だと思いました。

 

今はコツをつかみ、徐々にアクセスが増えてきたので、この経験をお伝えしたくて記事を書きました。

再現性ばっちりあります。

 

記事の内容を簡単に解説

ブログのアクセスが増える方法がわかる



ブログが読まれない理由がわかった

 

まずアクセスを増やすには、キーワードが重要です。

なぜなら人はキーワードを検索窓に打ち込んで調べるからです。

 

たとえばこの記事は、【ブログ 読まれない】というキーワードを狙って記事を執筆しました。

なので多くの人は【ブログ 読まれない】か【ブログ 読まれない 理由】というキーワードを検索窓に打ち込んでこの記事にきたことでしょう。

 

きくさん
きくさん

記事にきてくださってありがとうございます。

 

余談はここまでにして…

一番初歩的なことを確認しましょう。

 

3つのポイントについて解説します。

 

どんなキーワードがあるか→ラッコキーワード

キーワードの月間検索回数をチェック→キーワードプランナー

ライバルチェック→どんな情報が記載されているか、運営者はだれか

 

です。

では本文にいきます。

 

キーワードを意識していますか

 

ブログを読まれたいなら、キーワードが第一です。

 

なぜなら人はキーワードを検索窓に打ち込むからで、この記事は【ブログ 読まれない】というキーワードを狙って記事を書いています。

 

この記事を見てくださっている人は、【ブログ 読まれない】か【ブログ 読まれない 理由】で検索してきてくれた人ですよね。

 

もしくはブックマークしてくれてたり…(ありがとうございます)

 

さきほどと繰り返しになってしまいますが、本当に大事なのでもう一度書きました。

 

というわけで、記事を書くときにまずキーワードを意識するところです。

 

そんなの知ってるよ!やってる!

 

と思った人、なおさら読んでください。

 

なぜなら、自分が出来ている、と思っていることほど、人から見たらできていないことが多いからです。

 

もちろん、

「不安だ、この先も読んでおこう…」という人も一緒に読み進めていきましょう。

 

キーワードの調べ方

 

GoogleやYahoo!の検索窓に打ち込んでも良いのですが…それだと効率が非常に悪いです。

なので無料で使えるラッコキーワードを使いましょう。

 

ラッコキーワードはキーワードの種類がわかるツールです。

百聞は一見に如かず、ということで、実際に使ってみましょう。

 

ここに【キャンプ】と打ち込むとこのようになります。

赤枠で囲んだ部分が主要のキーワード。検索回数が多い箇所です。

ここで上位をとれれば、アクセスがかなり増えます。

ほかの枠は月間検索回数は少ないけど、実際に検索されているキーワードです。

 

でもでもここで注意!

初心者さんのほとんどがハマる罠ですが、愚直に主要キーワードの記事を書いてもアクセスが増えません。

 

というのも、みんなアクセスや収益が欲しくて主要のキーワードに記事を書いているので…つまりライバルが強いんですよね。

 

ライバルが強いと、まず勝てません。

 

なぜなら、

 

  • 記事数少ない
  • サイトがまだ若い
  • Googleからの信頼がない
  • 筆者の経験値不足(つまりレベル1)

 

このようなハンディキャップがあるので、まず勝てないんです。

 

なので、まずは検索上位に入りやすい、主要のキーワード以外から書きましょう。

まずはGoogleに実績を作ることが必要です。

 

💡ラッコキーワードの注意点

改変があり、1日5回まで検索可能。

メアド登録をすると、制限なしで利用できます。

いずれも無料ですが、せっかくなのでメアド登録しましょう。

2ステップなので簡単ですよ。

 

↑新規登録

↓メールアドレス登録

 

 

月間検索回数(検索ボリューム)の把握

 

ラッコキーワードはキーワードの種類を調べるツールでした。

次に調べることは月間検索回数の調査です。

月間検索回数のチェックにはキーワードプランナーを使います。

目的は選んだキーワードに需要があるのかです。

需要のないところに記事を書いてもアクセスが増えません。

人口100人のところに超大型スーパーを建てているようなもの。

これでは超大赤字ですよね。

 

例えば

  • 月に10回検索されているキーワード
  • 月に10000回検索されているキーワード

を比べた場合、1位をとれた時のアクセス数が圧倒的に違います。

 

じゃ月間10000回検索されているキーワードを書けばいいんだな!

 

と、思うかもですが、違います。

検索回数が多いということは、それだけライバルも強いということ。

なぜなら検索回数が多いということは、お客さんを連れてこれるという事。

検索回数多い=アクセス増=収益増

こんなイメージです。

なので、検索回数が多いところはライバルが強いんです。

 

初心者が攻める場所は月間検索回数の少ないところを攻める。

 

検索回数が少ないということは、それだけライバルもいないということ。

具体的には月間50~100回検索されているキーワードを狙って執筆です。

きっと上位表示できますよ。

ライバルのいないところに記事を書く。

確実に勝利を得るところで戦うことが重要です。

反論として、

「いやいやそんな少ないところを書いても稼げないんじゃ…」

と思うかもですが、月間50回~100回程度検索されているのなら、1位をとれば毎日そこそこアクセスがきますよ。

 

塵も積もれば山となる。

 

アクセスのある記事を3、5、7、10記事と書いていき、読者が増えることによってGoogleからも

おっこのサイトは有益なんだな!

と、評価され、サイトの信頼値も蓄積されていきます。

サイトの信頼値が蓄積されていくことで、上位表示されやすくなりますよ。

 

ブログとは、1つ1つの積み重ねです。

自分のレベルにあった場所で戦うことが超重要。

強くてニューゲームはありません。

 

ちなみに

月間検索回数を確認するキーワードプランナーの使い方はこの記事がめっちゃわかりやすく書かれているので、参考にしてください。

Googleキーワードプランナーとは?意外な使い方と代替ツール完全まとめ

 

これでキーワードの月間検索回数のチェックは完了しました。

競合調査(ライバルチェック)していますか

 

ここまで

ラッコキーワードからキーワードを選び、

キーワードプランナーから月間検索回数を調べました。

次にやることは、競合調査(ライバルチェック)です。

 

このライバルチェックも超重要です。

これもやらないと、上位にいきません。

 

競合調査(ライバルチェック)の目的は検索上位に自分が入るスキがあるかどうかを見るためにチェックします。

 

具体的には、検索した時に記事の属性を4つに分類します。

 

  • 個人ブロガー
  • 企業運営しているサイト
  • 病院とか公的機関系
  • YouTubeとかSNS

 

ぼくらが書くべき場所は個人ブロガーが多く書いているキーワードです。

 

なぜなら基本的に個人ブロガーの立場は弱く、記事を書いても企業に打ち勝つのは難しいからです。

特に初心者のうちは絶対無理。

そこを攻めるのは自分のレベルを上げてからにしましょう。

 

ブログ書けないで検索したら、上位10記事すべてが個人ブロガーの記事だけでした。

 

月間検索回数も320、これなら書く価値もあります。

逆にトレンドなものや、お堅い系の記事は企業の記事ばかりです。

特にキャンプ系の記事は企業が運営しているメディアばかりです((+_+))

トレンドですし、収益になるんでしょうね…。

ぼくもキャンプが好きなので記事を書いていますが、正直かなりキツイです。

企業には勝てません(*_*)

 

話を戻しますね。

キーワードによって、書いている属性は変わります。

自分が書こうとしているキーワードを実際に検索してみましょう。

そして上位10記事の中に個人ブロガーの記事が何記事あるか見てください。

多ければ多いほど、勝率は上がりますし、少ないほど難易度が上がります。

 

イメージはイス取りゲーム。

 

10記事の中に自分が入りこめる隙があるかどうか見るんです。

 

ここまでが記事を書く前にやる行動です。

まずここがしっかりできていないと読まれないです。

アクセス増えません。

常に圏外デス。

 

ブログ執筆は書く前から始まっている。

 

ここを強く覚えましょう。

 

まとめ

 

読まれる記事を書くには以下が重要です。

 

どんなキーワードがあるか→ラッコキーワード

キーワードの月間検索回数をチェック→キーワードプランナー

ライバルチェック→どんな情報が記載されているか、運営者はだれか

 

まず

ラッコキーワードで、キーワードの種類をみつける。

 

自分の書けそうなキーワードを見つけたらキーワードプランナーで月間の検索回数を調べる。

50~100回検索されていればOK、それ以上の月間検索回数はあまり書かない方がいい。

特に1000回とかは最初のうちは無理。

頑張って300回程度にしましょう。

 

その次にライバルチェック。

※月間検索回数よりライバルチェックを先にやってもいい。

 

記事の属性をみる。

  • 個人ブロガー
  • 企業運営しているサイト
  • 病院とか公的機関系
  • YouTubeとかSNS

個人ブロガーの記事が多ければ、書く。

 

 

ブログ運営は上位10記事のイス取りゲーム。

自分がそこに入れるかどうがの見極めが超重要。

そしてここまでが記事を書く前の段取りです

 

 

ここまでやってなかった…という人は何度もこの記事をみて、やってください。

 

これ以上やってる!という人は、きっと本文の書き方が原因です。

それはこちらの記事にかかれています。

※執筆中です

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!

そもそも記事を書けない…というお悩みなら【書けます】なぜブログを書けないのか?それは目的を決めていないから。をおすすめします。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました