悩みを相談できない人へ伝えたいこと

こんにちはきくさん(you_1581)さんです。

 

悩みを相談したいけど人に話せない。

どうしたらいいかわからない。

身内にも話せる人がいないし、苦しくてたまらない。

前までは気軽に話せたんだけど、職場での立ち場が上がっていくにつれてどんどん話せなくなっていった。

信頼してくれている人に対して弱みや悩みを話せない。

人に悩みを話すのがこわい。

 

こんな気持ち抱えていませんか?

実はこれ、全部ぼくが悩みを相談できない理由だったんです。

今回の記事の内容は悩みを人に相談できない人へ向けて書いています。

 



悩みを相談できない人へ伝えたいこと

 

人に話せない今、一人で暗がりの部屋にいるような感じではないですか?

 

大丈夫。ほんと大丈夫。できる、やれる。だから落ち込まないで。

 

この言葉をまず伝えたいです。

この気持ちを落ち着かせてくれる言葉が当時のぼくには見つかりませんでした。

 

当時のぼくは、友人や職場との人間関係は良好であったものの、ひどく人間関係で悩んでいました。

 

 

矛盾を感じますか?

人間は、個性や感情のある生き物なんです。

自分と関りのあるすべての人とうまくいっているという、人間関係はありえないのです

その場合は、必ず、どこかで我慢している人がいます。

そう、それがぼくだったんですね。

 

 

当時、悩んで悩んで苦しかった時に、一人で自分と会話してみたんです。

 

「何について悩んでるの?」

「苦しい?」

「つらい?」

「どうしたい?」

「大丈夫、大丈夫だから…。」

 

このようなことをずっと自分に話しかけていたんですね。

 

 

そしたら、自然と涙が出てきたんです。

苦しかったんですね。本当に。

辛いことも、楽しいことも話せなかった当時。

自分しか話を聞いてくれる人がいませんでした。

 

なぜ涙が出てきたのか考えてみた結果、わかったことがあった

 

子供のころ兄弟ケンカをしたときに、必ず僕が泣いていました。

その時に母親が必ずぼくのことを慰めてくれたんです。

その時にいつも言ってくれた言葉が、「大丈夫、大丈夫だから…。」と。

 

 

その時になぐさめてもらった言葉が、大人になった今、またその言葉に救われたんです。

 

 

悩んで苦しんでいる時は子供のころの事は忘れていました。

覚えていたら悩む前に思い出して口にしていたはずですから。

子供のころに嬉しかったことは大人になったぼくの中に残っていたんですね。

その言葉でほんとに救われたんです。

 

 

小さい頃の記憶とかを思い出すと、今の悩みが解決することが多いようです。

不勉強なので明確にお伝えできないのですが、世の中に解説している記事は数多くあります。

 

 

大丈夫とは、我慢しなさいと言う意味ではない

 

ここで誤解をうんでしまわないように、伝えたいです。

大丈夫、というのは、決して我慢しなさい、ということではないんです。

 

 

ここでの大丈夫の意味は、自分を守るための大丈夫。

自分を慰めるための大丈夫、なんです。

 

 

安心を自分にあげる、そのような意味なんです。

なので、我慢をうながすような大丈夫だと認識してしまうと、どんどん孤立してしまい、人に悩みを相談できなくなってしまいます。

そのうち自分とも対話ができなくなってしまいます。

 

 

なので誤解を起こさないでくださいね。



悩みを人に話せなくなってしまった理由

冒頭にも書いた理由もそうなのですが、ほかにもまだまだあるんです。

 

 

多くの理由は、

  • 人に迷惑をかけたくない
  • 人に自分の弱みを見せたくない
  • 人のリアクションがこわい
  • 人に否定されるのがこわい
  • 自分なんかが人の時間を奪ってはいけない

 

 

他にも

 

 

  • 伝え方がわからない
  • 今さら人に頼れない
  • 人前ではできる人でいたい
  • 自分が悩んでいるなんて思われたくない
  • 信頼されているのに言えない

 

 

こんな理由がありました。

 

 

もうなんか理由が多すぎてやばいですよね。あげればきりがないです。

 

 

でも納得しませんか?

こんなに理由があれば、そりゃ人に言えないわ…って思いませんか?

 

 

この、悩みを人に話せない理由を自分から絞り出すことが大事なんです。

 

 

理由を絞り出せばなんでそう思うのかを考える事が出来ます。

考える事により、一つずつその問題と向き合っていくことができるからです。

 

 

例えば、今さら人に頼れないという理由があるとします。

 

当時のぼくは、部下に対して、「なんて要領が悪いんだ…」と腹の中で思っていたんですね。

きつく当たっていた時もあります。頭ごなしに怒ったこともあります。

そうなると、当然その人に相談したり頼ったりできなくなるんです。

 

当然しっぺがえしがきます。

仕事上、頼れるのも相談できるのもその人しかいなかったんですが、ぼくの中ではその人に頼るというのは完全に頭の中から除外していました。

一人で悩んで、悩みながら仕事して、でも誰にも言えなくて…。

どうしたらいいか分からなかったんです。

 

「自分、なんでこんなに苦しんだ…?」

 

と思って、頭の中を紙に書いて整理したんです。

そして出てきた答えが、上記の今さら部下に頼れない、ということだったんです。

 

 

もちろんそれが判明したので、すぐ部下には謝罪しました。

部下も、上司である僕にどう接していいかわからず、悩んでいたそうで、そこで強い絆が生まれました。

 

 

これはぼくの一例なのですが、理由を特定すると、このように悩みを解消しやすいです。

プライドとかも確かにありますし、部下に謝罪なんて…と思うかもしれないですが、

理由を絞り出して、原因を特定して、この苦しみから逃れたい…と思ったら、

素直に反省できますしその気持ちは本気なので素直に謝罪できますよ。

 

解決策はたくさんある

悩んでいる時は視野が狭くなっているので、解決策がなかなか見つからないと思います。

自分で解決策を調べても腑に落ちないことも多いですよね。

もちろんわかってはいるのですが、あえてご紹介させてください。

 

 

政府の機関を使う

 

厚生労働省のページにたくさんの相談場所があります。

ここにリンクのページを貼っておきますね

厚生労働省電話相談リンク集

 

 

専門家に依頼する

 

ココナラで探してみるのも手です。

▼ココナラとは

クリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、スキルのオンラインマーケットです。

サービスをさがす

 

もしくはQ&Aサービスで相談するのも可。

匿名で相談できるし、客観的に答えてくれます。

▼ヤフー知恵袋

みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。

知恵袋をみてみる

 

 

自分で探求して解決する

 

原因と理由を突き詰めて、自分と向き合う…これも一つの解決方法です。

いろいろな手法があります。自分に合った方法がきっと見つかりますよ。

 

紙に書く

 

ひたすら紙に書くやり方があります。

紙に書きだすことによってアウトプットになりますし、かんがえていることが整理されますよ。

悩み事が頭から離れない時の対処法

 

ほかにもマインドマップに書き留めるというのもいいです。

マインドマップとは?

 

人に話す

 

勇気をだして、話してみる、解決方法です。

悩んでいるんだ…と伝えるだけでも状況は変わりますよ。

辛いかと思いますが、最初の一歩を無理くり踏み出す方法もあります。

悩みを人に話していますか?メリットはたくさんあります

 

 

散歩をする(運動する)

 

気分転換に散歩をしながら自問自答をするのもかなり気分が変わります。

口に出すことによってアウトプットにもなりますよ。

散歩の意味が知りたい。運動不足も解消でき気軽に始められる考え方を紹介

 

 

ラジオをやる

思ったことや、悩んだことを音声配信サービスで話してみるのも良いです。

散歩と同じ要領ですが、こちらはほかのユーザーさんからアドバイスを聴くことができますよ。

standfm

 

 

まとめ

 

悩みを人に話せなくなるのは、年齢が上がっていくにつれて上昇していくようです。

経験や実績があるとなかなか人に頼れない性格になってしまうようです。

でも大丈夫です。みんな同じように思っています。

一人じゃないですよ。助けてくれる人は世の中本当にたくさんいます。

勇気を出して発信してみましょう。

アウトプットしましょう。

 

つらくなったらこの記事を何度も何度も読み返して元気になってください。

 

どうしたらいいの…悩みを根本から解決する方法を解説
こんにちはきくさん(you_1581)さんです。 悩みすぎて疲れた。解決したいけどどうしたらいいかわからない。 自分の力でいろいろ考えたけど、解決に至らなかった。 悩まない体質になりたい。 そ...

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました