【体験談】文章作成AI!Catchyを使用して記事を作成してみた結果・・・これいいかも【レビュー】

こんにちはきくさん(you_1581)です。

 

  • 記事制作の時間がない
  • ライターさんを雇うのも経費がかかる…
  • 少しでも経費を安くしたい
  • 質の高い記事を掲載したい
  • 1時間以内に記事を書きたい

 

記事制作はとにかく時間のかかるもの。

読者に刺さる記事やコピーを世に出すとすると、とても一日では思いつきませんが、プロにお願いすれば良質な記事やコピーを作成してくれます。

しかしお金をいくらだそうとも、時間は買えません。

 

 

今回ご紹介するCatchyは、キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】と、なんとも夢のようなサービスなのです。

 

  • 記事制作を外注したい方
  • 読者に刺さる記事を書き続けたい方
  • プロにお願いするなら自分で書きたい方
  • 自分の記事のリライトをしてほしい方
  • YouTubeの企画を考えてほしい方
  • メルマガ文章を作成してほしい方

など、Catchyの利用は無限大。全部で100種類の文章作成サービスがあります。

 

本記事では、

  • 「Catchy」を使用した実際の記事
  • 作成にかかる4step
  • Catchyのデメリット
  • そもそもCatchyを開発した会社とは?

という順番で解説していきます。

 

小難しいことは抜きにして、さくっと本文に行きましょう!

「Catchy」を使用した実際の記事がこちら↓

まず、記事制作に大事なキーワードは「集中できない 他のことを考えてしまう」としました。

悩みがありすぎて勉強や作業に集中できない人へ 

↑この記事の関連記事を作成しようと思ったからです。

 

で、実際に作成した記事がこちらです↓

Catchy(キャッチ―)作 集中できないとき。克服する4つの方法。

Catchy(キャッチ―)作 集中できないとき。克服する4つの方法。
こんにちはきくさん(you_1581)です。 ※今回の記事は株式会社デジタルレシピが運営している、AIがライティング【Catchy】を使用した記事となります。使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】についてはこちらで解説し...

 

作成に10分もかかっていません。

理由は4stepで完了する仕様だからです。

 

とはいえ、「きちんと記事設計したのか?」と聞かれると、

どんなものか確かめるために利用しただけなのでざっくりしか…

というのが本音。

 

ですが10分でこの記事のクオリティなわけなのです。

 

すごいと思いませんか?

 

「Catchy」のトップページ画面はわかりやすい仕様!

前項ではわずか10分で作成した記事をご紹介しました。

気になる使い方ですが、「Catchy」は誰でも・簡単に・記事作成できます。

TOP画面がこちら↓

↑これは無料登録後の最初の画面です。

 

↓画面左方にメインメニューがあります。

 

↓生成ツールを押すと…なんと膨大な量のツールが。

 

「使い方に悩んでしまう…」

 

と思った方、画面右下部から質問できますよ(*’▽’)

ちなみにこれはまだまだほんの一部です。全機能は100種類

全機能は無料登録後に見れるようになりますよ!

るので登録はこちらからできるのでよかったらしてみてください(´ω`*)

GoogleかFacebookのアカウントのどちらかで簡単に登録できるので5秒もかかりません。

使い方は簡単。「Catchy」は4stepで記事制作できる

Catchyは無料登録の場合、10クレジット付与してくれます。

金額は後述しますが、月額3,000円毎月100クレジット付与されます。

とりあえず無料登録で得た10クレジットで記事作成してみましょう!

細かい操作はこんな感じです↓

STEP1:タイトル作成(1クレジット)

まずは記事のタイトルを作成するため、トピックを入力します。

僕はこちらを入力しました↓トピックではないですが(笑)(何も考えずに乱れ打ちしてもうた)

集中できなくて他のことを考えてしまう時の対処法

考えすぎて悩みすぎて、手につかない。でもやらなきゃいけないことがたくさんあるし、今日中に終わらせないといけないものがある。

でも、気になることが頭から離れなくて、少しも集中できない。

 

で、完成したタイトルがこちらです↓

 

  1. ” 集中できないとき。克服するための4つの方法”
  2. “心配しすぎ?あなたにできることはこれだ”
  3. “何かから目を離せない?それを変える方法がここにある”
  4. 「リラックスする必要がありますか?この5つのテクニックを試してみてください”
  5. “ストレスを感じているときに物事を成し遂げる方法”

 

STEP2:導入文作成(2クレジット)

タイトルの次に導入文の作成です。

例文を参考にしながら作成した文面がこちら↓

考えすぎて悩みすぎて、手につかない。でもやらなきゃいけないことがたくさんあるし、今日中に終わらせないといけないものがある。

でも、気になることが頭から離れなくて、少しも集中できない。

今回だけじゃなく、今後もなるべく悩まない体質になりたい。

もっと言えば、明るく、元気に、幸せに生きたい!

でも現実に考えると、まずは集中できる方法が知りたい。

 

で、Catchyが作成してくれた導入文がこちら↓

①あなたは、集中するのが苦手ですか?物事を成し遂げることができないのではないかと心配していませんか?もしあなたが、集中力を高めて物事を成し遂げる方法を探しているなら、この記事はあなたのためのものです。今回は、集中力の問題を克服するための4つの方法についてご紹介します。さあ、読んでみて、集中力を高める方法を学びましょう

 

②集中力に問題があると、特にやることがたくさんあるときはイライラしてしまいますよね。でも心配しないでください、集中力を高める方法があります。今回は、集中力の難しさを克服するための4つの方法をご紹介します。この記事を読んで、物事を成し遂げるための方法を学びましょう。

 

STEP3:見出し作成(1クレジット)

STEP2で作成した導入文をそのまま入力しても良し、少し改良しても良し!

ちなみに僕は先に作成した導入文①に少し手を加えました(*’▽’)

それがこちら↓

①あなたは、集中できないことがありますか?

物事を成し遂げられるかどうか心配ですか?

もしあなたが、集中力を高めて物事を成し遂げる方法を探しているなら、この記事はあなたのためのものです。

この記事では、集中力の問題を克服するための4つの方法について説明します。

さあ、読んでみて、集中力を高める方法を知りましょう!

 

で、Catchyが作成した記事がこちら↓

  1. 集中できないときを認識する
  2. 自分に合った方法を見つける
  3. 休憩をとる、体を動かす
  4. 前向きでいる

 

STEP4:本文作成(4クレジット)

ついに最終局面です。

今まで作成した文章を入れると…

 

あら不思議!

記事が作成できちゃいます!

完成後の記事がこちら↓

Catchy(キャッチ―)作 集中できないとき。克服する4つの方法。 

Catchy(キャッチ―)作 集中できないとき。克服する4つの方法。
こんにちはきくさん(you_1581)です。 ※今回の記事は株式会社デジタルレシピが運営している、AIがライティング【Catchy】を使用した記事となります。使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】についてはこちらで解説し...

 

ねっ簡単でしょう?

このように、4stepで記事が作成できてしまいます。

僕は今回、

  • とりあえず使ってみた
  • 記事設計図は適当
  • 考えずに淡々と作業

で、この記事を作成しました。

 

つまり、本腰をいれて利用したら…

 

かなり良い記事ができあがるのではないでしょうか?

 

「Catchy」のデメリットは?必ず人の手が必要なところ

Catchyは使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】というキャッチコピーがつくのも納得、全100種類の機能があります。変幻自在に文章を作成できるため、YouTubeの企画を作成してくれたり、メルマガの文章を考えてくれたり、事業計画なんてものも考えてくれます。

 

そんな変幻自在のCatchyですが、デメリットはもちろんあります。

それが完全自動化にはできないこと。

完成後の文章は校正・校閲が必要と僕は思います。

 

限りなく自然体に近い文章ではありますが、やはり人の手で手助けしてあげないと、

そのまま使うのは…違和感を感じる

と思うはずです。

無料登録版では10クレジットが使用できますのでぜひ試してみてください。

登録はこちらから


 

利用料金は?無料プランでは10クレジット付与

まずはお試し 初めての方へ 本格的に使いたい方へ 法人の方へ
Free Starter Pro Enterprise
0円/ 月 3,000円/ 月 9,800円/ 月 “お問い合わせ”
税込 0円 税込3,300円 税込10,780円
10クレジット付与 毎月100クレジット付与 クレジット無制限 クレジット無制限
プロジェクト1つまで プロジェクト無制限 プロジェクト無制限 プロジェクト無制限
100以上の生成ツール 100以上の生成ツール 100以上の生成ツール 100以上の生成ツール
記事制作ワークフロー 記事制作ワークフロー 記事制作ワークフロー 記事制作ワークフロー
チャットサポート チャットサポート 優先チャットサポート
新機能の早期アクセス 新機能の早期アクセス
ビデオサポート
独自生成ツールの開発

個人的に、現在の僕の状態なら月3,300円のプランで良いかなと思います。

ただ、今後記事作成に時間を割けなくなり、ツールの使用頻度が増えたらならアップグレードするかもです。

そもそも「Catchy」を提供している会社はどんな会社?

会社名:株式会社デジタルレシピ
所在地 : 東京都渋谷区神宮前3-5-13
設立 : 2018年10月
代表者 : 伊藤新之介

我々のミッションは、ワンポチで業務が完了する「魔法のボタン」を作ることです。

出典:公式サイト

 

かっこいいですよね(´ω`*)

有言実行、確かにボタン一つで記事作成してしまいます。

 

事業内容は今回ご紹介した「Catchy」、パワポで作れるwebサイト作成ツール「Slideflow」の作成やデジタルマーケティング、法⼈向けDXコンサルティングを行っています。

詳しくは公式サイトやTwitterをご覧ください(^^♪

 

公式サイトはこちら↓

Digital Recipe Inc. | 株式会社デジタルレシピ
デジタルレシピは、テクノロジーと通じて、あらゆる業務が完了する「魔法のボタン」を開発するIT企業です。パワーポイントがワンクリックでwebサイトに変身する「Slideflow」をはじめ、様々な業務のワンクリック化に挑戦しています。(旧株式会社ヤゴコロ)

公式Twitterはこちら↓

https://twitter.com/ai_copywriter?s=20&t=IbD0ZXp-t_4ZP4d8-xBnbA

 

 

余談①:W 杯を見るために、仕事や飲み会に行きたくないときの例文を作成してみた

黄色のマーカーの文字を読んでみてください(笑)

使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】

その名の通り、Catchyはなんと…

 

W 杯を見るたいから仕事や飲み会に行きたくないときの例文を作成できちゃうんですぅ。

 

で、完成した文章がこちら↓

「お誘いはありがたいのですが、残念ながら今回は見送らせていただきます。だって、サッカー最大の国際大会であるワールドカップですよ。4年に1度しかないこの大会は、何としてでも見逃せない。しかも、友人と一緒に観戦すれば、より一層楽しめるはずです。だから、できれば僕と一緒に観戦しませんか?試合は非日常的で、おつまみやお酒と一緒に楽しめます。そして、どちらが勝っても、ピッチの上で歴史が刻まれること間違いなしです。本当に素晴らしい夜の過ごし方なので、もし可能なら、ぜひ参加してみてください。

 

むむむ…

 

すごい説得力がある。

 

登録はこちらから無料でできます(*’▽’)

 

余談②:リライトしてもらった

元記事:初心者必見!カメラの種類をわかりやすく解説! 

全画面キャプチャー↓

 

リライト後↓

途中でクレジットが無くなってしまったので途中までですが…中々良い感じになりました(´ω`*)

まだまだリライトしていきます(*‘ω‘ *)

 

まとめ

今回はキーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】をご紹介しました。

 

直観的でシンプルに操作しながら、わずか10分で記事制作できてしまいました。

この感動は初めてiPhoneを手にしたときの感動と似ています(*’▽’)

高性能なAIライティングサービスとはいえ、すべてCatchy任せとはいきませんが、かなりの時短になるのは間違いありません。

 

なんといっても、一番良いな、と思ったのがサービスの多さ。

僕はYouTubeの企画文章やメルマガ文章を書いたことがないので、Catchyを利用して

「こうやって書けばよいのか」

とわかるのがいいなぁと思いました。

 

2番目に良いなと思ったのがリライト機能。

これは言うまでもなく、かなりの精度で校正・校閲してくれます。

2クレジットで利用できるので本当にありがたいですねぇ(´ω`*)

 

以上、Catchyのレビュー記事でした!

まだまだ使いこなせていないので、もっと使いこなせるようになったら追記していきます(*‘ω‘ *)

コメント

タイトルとURLをコピーしました