【元運転手が解説】運転中に眠気を感じたらやるべきこと【対策しよう】

トラック運転手
きくさん

トラック運転手を13年務めたのち、フリーランスの世界へ。
結婚するというのに退職し、稼ぐスキルもないまま独立するというちょっと変な人。
趣味は勉強と食事、旅、カメラ、運転、ブログ、動画作成!
このブログでは
実体験や経験を元にした記事を書いていきます♪

きくさんをフォローする

こんにちは。今日は運転中ボーっとしてしまう人や、急に眠気が来てしまう人に向けて

運転手歴13年のきくさんがお伝えしていきます!

 

疑問文

長時間運転しているとなんだかボーっとするな・・・

運転したいけど急な眠気が怖いなぁ

集中力がなくならない方法ないかなぁ

などなど実際ぼくが使っていた対策グッズも紹介します(^^♪



運転中に眠いなと感じた時の解決方法

一般道路編

停車して15分程度仮眠

一番安全かつ確実な方法です。ぼくが運転手時代、眠くて眠くてどうにもできなくなったら

停車できるところに停車して15分程度仮眠しました。

この15分というのがキモなのですがぼくが以前、眠気で悩んでいた時に

こちらのサイトを見てなるほど・・・と思いました。

一部抜粋しますね。

午後の眠気解消に効果的なのが昼寝だ。ただし、睡眠時間を10~15分程度に収めるのがコツだという。うまく「プチ仮眠」をとるポイントを専門家に聞いた。

 

ただ人によっては30分とか、逆に5分ががちょうどいいという方もいるのでいろいろ試してみるのがいいと思います。

 

信号待ちの時に上半身運動

言葉通り、信号待ちの時に伸びーをしたり握力筋トレしたりメーター回りなど吹き掃除をしたりしていました。

目的地に向かうまで信号待ちのたんびにやってました(笑)

体を動かすのは大事ですよ。

 

スマホアラームセット

眠くなったら5分おきにアラームをセットしていました。もちろんスヌーズ機能を使って

「やばい・・・眠い・・・」と思ったときに、いきなり鳴るのでびっくりして眠気さめますよ!個人的に一番オススメです!

 

だれかと通話

友人や、同僚、だれでもいいので電話するのがいいと思います。実際ぼく自身かなり活用していました。運転職は基本一人で仕事しているので誰かと話したいんですよね・・・。

誰も電話できないときは、一人ラジオツッコミとかしていました。(笑)自分でやっていて面白くなってきますよ(笑)ハマります!

 

大声を出す(歌う)

うああああああああああああとか、うおおおおおおおおおおおおおおおおとか大声です!

これは隣に車両がいないときにやるのがオススメです(笑)一度隣の車両にガン見されていた気まずい思いをした記憶があります・・・。

 

居眠り防止グッズを使う

例えばガムとか大量に噛んでいました。ただお腹が緩むのであまりオススメしません・・・。

一度、あまりにも眠くて6粒くらい噛んでたらやはりお腹が痛くなってしまい、トイレへGO。

結果的に眠気は覚めましたが・・・量は考えて噛みましょうね(笑)

定番商品ですがいろいろ試した結果、これが一番でした。


こちらの商品は言わずもがな、凄いすーすーして、清涼感MAXです!!

基本1粒で大丈夫です。費用対効果ばっちりです。

 

あとは僕自身使用したことがないのですが、

こちら


同僚が使用していて、費用対効果が良いと言っていました。

噛むミント⇒感じるミントに変化!だそうです。

今の時期、眠気以外にもマスク必須なのでぼくも買ってみます(^^♪

 

高速道路編

一般道路とは違って高速道路は気の抜けない道路。

疲れたからちょっと停まろうと思っても次のパーキングまでなかなか停まることができないもの。

しっかりと対策をしましょう。

 

パーキングに停車して休憩をとる

パーキングに停車して、全身運動がオススメです。

ありきたりな内容ですが、やはり体を動かすのが一番眠気がとれるので

全身を動かすのが一番ベストです。それでもダメなら寝ましょう!(笑)

 

だれかと通話

一般道路編と同じく通話は有力候補です!眠気が覚めます。

誰も話す人がいない場合は、ラジオと会話しましょう

はい、これも眠気を覚ます手段の一つです

 

大声を出す(歌う)

うああああああああああああとか、うおおおおおおおおおおおおおおおおとか大声です。

本当、冗談抜きで発声は眠気覚めます!やってみましょう!

 

眠気防止グッズを買う

高速道路は気軽に停車できないし、視線を逸らすこともできないので眠気防止グッズは設置型はないかと思い探してみました。

そしたらありました!



この商品はぼくは使用したことがないので説明書きを記しますね。

●居眠り運転を注意喚起。
●赤外線対応CMOSイメージセンサー搭載カメラ。
●ドライバーの目の動きや目の状態を感知し警告アラームと3色LEDでお知らせ。
●ドライバーの瞳(ひとみ)をリアルタイムで感知する高性能アルゴリズム内蔵
●赤外線LED採用。夜間使用、メガネやサングラス着用でも認識可能。
●正常な運転姿勢:瞳認識中は緑色のLED表示、居眠りを感知:0.4~1秒目を閉じていると赤色LED表示とアラームが鳴る、わき見運転を感知:3秒以上わき見をしていると青色のLED表示が赤色になりアラームが鳴る(センサーカメラ認識範囲内)br>●アラーム:無音・4段階調節可能
●認識感度(時間):0.4秒、0.7秒、1秒(目を閉じる時間)
●推奨設置距離60±20cm
●動作電圧:DC12~24V
●消費電力:最大10W
●動作温度:-20~+70度

 

だそうです。

 

あとはほかのサイトさんがレビューしてくれている商品もありました!


レビューサイト

 

高いですが、事故を起こすことを考えたら全然安い出費ですよね。。。

務めていた会社に進めてみようかな。

 

まとめ

眠くなったら

  • 体を動かす
  • 声を出す
  • 寝る

を基本にして

通話したり、眠気防止グッズを使用したりしましょう。

事故起こしてからでは遅いです。

 

みんなで無事故をめざしてかもしれない運転をしよう。

 

 

 



ではまたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました