仕事で理不尽なことがあった!辛かったら耐える必要ないと思う。

こんにちはきくさん(you_1581)さんです。

 

毎日毎日仕事の理不尽が続いてツライ

みんな同じ?みんなこんな思いで働いているの?

乗り越える方法を知りたい

抜け出す方法が知りたい

 

今回の記事はこんなお話しです。

 

■記事の内容を簡単に解説

理不尽な日々を乗り越える方法がわかる

理不尽な日々を抜け出す方法がわかる

 

この記事はわりと主張が強めになっています。

なぜならぼくも過去に同じことで悩んでいて、その当時、職場の理不尽さに本当に辛かった過去があったからです。

辛かった分、当時のぼくに向けて書いた記事なので熱意が半端ないんです。

なので主張が強めでもご容赦ください。

 

そしてこの記事はぼくの実体験に基づくお話しなので、読む価値はあるかと思います。

 

この記事の言いたいことは一つ。

 

時間を大事にしよう、です。

 

では記事に進んでいきます。



仕事で理不尽な日々を乗り越える方法

 

乗り越える方法はたくさんあります。

でもその前に、「みんな同じ思いをしているのか」この点について解説していきますね。

 

理不尽なことをされているのはみんな同じ、という人の共通点

 

これを論じる人は、やりたくない仕事を自分から進んでやっている人です、

選択の仕方が受け身なんですよね。

みんなと同じ動きをしておこう

○○って言われたからそうしなきゃ…

怒られないようにしよう…

こんな感じで人の目や意見ばかり気にして、自分自身でなにも決めていない人がみんな同じと言うんです。

つまり、「みんな同じなんだから、耐えよう!」ということが言えるんです。

 

腹立たしいですよね、勝手に耐えてなさい、と言いたいです。

 

みんな同じ、という人の意見は聞いてはいけません。

 

理不尽なことを受けていると思っている人は、被害者意識になっていませんか?

 

理不尽だと思うなのはなぜか

 

そもそも、理不尽だと思うのはなぜでしょうか?

 

自分の責任じゃないのに責任転嫁された?

自分は悪くないのに、自分だけ怒られた?

他の人と同じことをしたのに、自分だけ怒られた?

自分だけ評価が低い?

 

この例を見るとわかるように、目線が自分なんですね。

自分目線でものごとを見てしまうと、どうしてもほかの人の気持ちがわからなくなりがちです。

 

それ、本当に理不尽ですか?

自分が招いた結果ではないですか?

 

ぼくが自分と向き合ったとき、そのほとんどの理不尽の原因がぼくでした。

つまり、ブーメランという感じなんです。

 

そんな意識ありませんか?

一度自分と向き合ってみましょう。

 

それでも、いや、間違いなく理不尽でしょ!!

と思うのだったら次のパートに行きましょう。

 

一方的に人のせいにするだけでは成長しません。

反省も必要です。

1つでも自分の悪いところが見つけられたら、あなたは最高に素晴らしいです。

昨日の自分より、一歩成長しました。

 

反省、してますか?

 

今のあなたの仕事は楽しいですか?

 

この問いかけがすべてです。

つまらない、と答えたあなたは、なんのために仕事していますか?

ライスワークになっていませんか?

※ご飯を食べるための仕事

 

仕事への価値観は人それぞれですが、少なくとも今の世の中の人は、自分がなんでこの仕事をしているかわからない人が非常に多いです。

 

ぼくは仕事がら、いろいろな人とお話しをしましたが、職場に不満を持っている人ほど、その職場で働く意味がわからないんですよね。

 

結果、毎日つまらない仕事をしながら理不尽なことばかり起きていて、耐えてる。

 

そんな人が多いです。

 

自分がやりたい仕事じゃないのに、毎日長時間働いていたら…それは仕事じゃなくて、苦行ですね。

 

楽しいと感じていますか?

楽しいことと、辛いこと、どっちが多いですか?

自分の仕事の中で必ず意識してほしい最低限のことがあります。

  • 今の仕事の中で楽しいところを見つける
  • 自分のやりたいことを仕事にする

 

これを考えて、意識して毎日生きてみてください。

逆にこれがないと、仕事は理不尽なもの、として感じている人と同じになりますよ。

 

受け身ではなく、攻めでいきましょう。

 

理不尽な日々を抜け出す方法はシンプル。

 

抜け出す方法と聞かれれば、言わずもがな、退職しましょう。

 

精神的にもよくないし、その仕事に意義も目標もないんだったら、続けている意味ありますか?

 

時間は有限です。

 

そう、有限なんです。

 

人生に無駄な時間を使っている余裕はないんです。

人生に嫌いな人と一緒にいる時間はないんです。

人生は嫌いなことに耐え続けるもんじゃないんです。

 

 

だって思いませんか?

 

自分の人生、だれが辛いように設定したのでしょう?

まぎれもなく、自分じゃないでしょうか?

今の自分がいるのも自分のおかげ。

辛いのも、自分がそこにいることを選択しているから。

 

 

 

頑固者
頑固者

逃げるのは悪だ

頑固者
頑固者

辛いのは当たり前、みんな一緒!

頑固者
頑固者

逃げ癖がつくから逃げるな

 

いやいや…そう言う人、じゃその分の時間くださいなって感じしませんか?

 

別に逃げたっていいんですよ。

雇用保険あるんだし。

雇用保険なかったら生活保護があるじゃないですか。

 

今の日本、飢え死にする方が難しいです。

 

少し休んで、また働けばいいんです。

心が壊れる前に、休むことを覚えましょう。

心が壊れたらなかなか立ち直れません。

 

人生に無駄はないんです。

時間は有限ですよ。

明日も元気に生きられる保証なんてどこにもありません。

 

だったら、楽しいことや、自分のやりたいことを仕事にしませんか?

その方がよっぽどいい人生迎えられますよ。

 

一度、転職サイトでどんな職種があるか見てみるといいです。

いろんな職種が増えてますよ。

自分のやりたいな、と思っていることが今会社として動いています。

一度みてくださいね。

リクナビNEXTで診断してみる

 

まとめ

 

なんか熱く語っちゃいました!

でも、思っていることは事実です。

 

理不尽なことを乗り超える方法は、自分と向き合い、反省をすること。

受け身にならずに、自分がなにか悪いことはなかったか、点検する。

そして、自分の仕事に楽しさを見出す事が大事。

 

理不尽なことから抜け出す方法は、退職すること。

退職をして、自分のやりたい仕事に就くことが大事。

 

自分のやりたいことをしている時って、理不尽だ!…なんて思いませんから。

自分で選択しているのですべて自己責任です。

自己責任なので自分でも納得できるんですよね。

 

納得できるかできないか、の違いです。

 

最後にぼくのお話し

 

ぼくは2020年2月末に体を壊し、入院しました。

病名は大腸経室園。

その入院生活は最高でした!

 

おかしいですよね、入院しているのに最高なんて!

 

だって仕事しなくてもいいんですもん。

なにもしなくても、ご飯持ってきてくれるんですもん。

理不尽なこと言われないし。

※もちろん痛いですが

 

で、その時にいろいろ考えたわけです。

このまま仕事を続けてもいいのか、それとも辞めるべきか。

 

  • 続けた場合、昇進確定→さらに地獄
  • 辞めた場合→金ない→無限の可能性

 

この結論にいたりました。

 

結果、退職しましたが後悔していません。

こうして文章を書きながら生計たててますし、気持ちに余裕ができました。

時間もすべて自分で決めれますし、やりたいようにできます。

理不尽なことも言われないですし、他人にイライラすることもなくなりました。

 

 

とはいえ、良いことばかりではないですが…

お金をいただくということに関しては、圧倒的に会社員の方が楽だと思います。

 

長くなりましたが、ぼくの想いをぶちまけました。

 

 

それではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました