【なんで?】継続できない人の共通点はできる人との少しのズレから生まれる

こんにちはきくさん(you_1581)さんです!

 

継続したい…なにをやっても継続できない

自分を責めてばっかりで自分が嫌い

継続できない理由と方法を知りたい

 

いろいろな継続方法を学んでも、なかなかその通りにいかないんですよね。

どうやったら継続できるのか、疑問にお答えする記事です。

 

記事の内容を簡単に解説

継続できない人の見えない癖がわかる

継続するために必要なことがわかる

 

ぼくも同じで、継続できなくて飽きっぽいんですよね。

でもこの方法を学んで、継続できています。

 

大事なことは一つ。

小さな変化に気づこう。



継続できない人の共通点は少しのずれから生まれる

 

ここで継続できない人の共通点をリストアップしました。

これらの項目は過去のぼくでした。

自分と向き合って出した答えなので、お役に立てるかと思います。

 

完璧主義が原因

 

完璧主義の人は継続できません。

なぜなら、1から100まで完璧に、キレイに、完成された、姿を想像してしまっているからです。

心当たりはありませんか?

 

気持ちはわかりますが、自分の手の届く範囲で完璧主義になりましょう。

レベルを下げれば大丈夫。

 

完璧主義になりすぎて、自分の成果に満足できずに、自分を責めて、モチベーション下げる、結果、継続できない。

はい、過去のぼくでした

 

自分を責めるのではなく、褒めましょう。

 

完全な完璧主義になるのは数字だけで大丈夫です。

 

目標は高いけど具体性がない

 

やるぞ!と意気込み、目標を高くするのは超重要です。

ビジョンは大事ですからね。

 

でもそこで止まっていませんか?

目標を高くしたあと、具体的な計画を立てましたか?

具体的な計画を立てないと、継続するための地図がありません

 

とりあえずゴールまでの大まかな道筋を作りましょう。

計画を立てないと、ぼんやりした目標しかないので、継続は不可能になります。

暗闇を走り続けるほど人間はメンタル強くないですから。

 

ざっくりとした箇条書きでもいいので計画しましょう。

見える自分の手の届く目標を作ることが大事

 

目標が高いゆえに成果に気づかない

 

GOALの自分の姿だけを想像しているので、小さい成果に気づけないのです。

 

やるぞ!と決めてから、あなたの行動はどう変化しましたか?

やるぞ!と決める前よりは、すこし進んでいませんか

自分の成果を見落としていませんか?

 

そもそも、新しいことを始めるということは、ものすごいことなんです。

人間は大人になるにつれて変化を嫌いますし、結果ばかりを評価するようになります。

 

確かに結果も大事です。

でもその結果は小さい成果があったからこそ、結果がでたのです。

結果も大事ですが、過程も大事です。

それを見える化するために具体的な計画をたてましょう。

 

どれだけ進んだか分かるように成果確認チェックシートを作りましょう。

具体的な計画でも代用可。

 

責める思考が原因

 

自分責めたり他人を責める思考の人は、継続できない癖が染みついています。

 

基本的に責める思考の人は他力本願なところが大きく、また言い訳がましいです。

継続できない理由を自分を責めたり、人を責めたり、環境のせいにしたり。。。

こんな感じの思考の人が継続できないです。

 

そうではなくて、

○○だったから継続できない

じゃなくて

○○だった、それは仕方ない、次はこうしよう、

と、このように思考を変化しましょう。

 

責めるのではなく、受け止めるて、出す。

 

責めるのではなく、寛容になろう。

できないことに目を向けるのではなく、できたことに目を向けよう。

責める思考を捨てることが継続の近道。



継続するために必要なこと

 

継続することって実はすごい簡単なことなんです。

自分の目標値を下げればいいだけ。

毎日続けることが、継続ではないですよ。

1週間に2回、これを3年続けても継続です。

 

ここからのパートは継続するために必要なことをより具体的に解説しました。

 

自分を褒める

 

自分を褒めることで小さな成果を把握できますし、モチベーションも維持できます。

特に新しいことを始めたときは、自分だけしか評価してくれません。

 

その自分が酷評したらどうでしょう?

どんどんモチベーションが落下し、自分を責め続けて、継続しようと思わなくなるでしょう。

 

どーせ誰も評価してくれないし…

こんな卑屈にならないように、自分を褒めましょう。

 

少しを目標にする

 

  • ダイエットだったら1日何カロリーを絶対守る
  • 運動だったら1日5キロ走る
  • 読書だったら1日1冊読む
  • ブログだったら毎日更新

 

こんな目標の立て方をしていませんか?

 

もしそうだったらいきなりこの目標の立て方はきついです。

よっぽどストイックでドMな人じゃないと続けられないでしょう。

 

例えば

  • ダイエットだったら→いつもよりご飯を少しだけ減らす
  • 運動だったら→とりあえず家からでる
  • 読書だったら→1ページだけ読む
  • ブログだったら→1週間に1記事更新

 

こんな目標の立て方が正解です。

だいぶ気が楽になりますよ。

 

そもそも、

新しく始めることはレベル1なわけです。

それなのにいきなりレベル50の敵を倒せと言われてもムリゲーです。

手の届く範囲の敵を倒しながらレベルを上げていきましょう。

 

繰り返しになりますが、

目標を高くすることは超重要です。でもその前に継続できなきゃ話になりません

新しいことを始めるのですから、まずは難易度very easyから始めましょう。

いきなりvery hardは無理です。

 

高すぎる目標は自分を圧迫する以外、なにも生まれません。

 

物事を具体的にして継続できるようにする

 

具体的に目標を立てることで、自分が今どの場所にいて、どこで悩んでいるのか把握できます。

目標を持ち、計画をたてて、自分の見える範囲の部分から具体的にしていく。

このやり方が一番負担がなく、継続できます。

 

イメージでいうと、

懐中電灯を1度前方に照らしたと、足元を照らし、また前方を照らす。

こんな感じです。

そしたら道に迷うこともなく、進んでいることもわかりますし、あとどれくらいでGOALなのかもわかりますね。

 

人は全容が把握できないと嫌がるものです。

自分で具体的に計画を作り、全容を把握させてあげることが大事です。

 

寛容になる

 

物事に関して寛容になりましょう

この話も重複してしまいますが、重要なので盛り込みました。

 

寛容になるということは継続するにおいて超重要です。

特に最初のころは意識しましょう。

 

寛容にならないと何に対しても攻める思考になりますし、他人から学ぶこともできなくなってしまいます。

 

他人から学べないということは、目標をあきらめるということ。

心は常に平穏に、寛容に。

 

継続できないということは自分に合っていないということ

 

継続できないということは自分が本当にやりたいことではないです。

人は本当にやりたいことは無理してもやるので(*_*)

そんな経験、あなたにもありませんか?

 

もう少しかみ砕くと

 

  • ダイエットしたい→なぜ
  • 運動したい!→なぜ
  • 読書したい!→なぜ
  • ブログ書きたい!→なぜ

このなぜの答えが、自分自身魅力を感じないから継続しないのです。

 

例えば

ダイエットしたい!→好きな服を着たい!異性に持てたい!スタイル綺麗に見せたい!

運動したい!→風邪をひきたくない!筋肉付けたい!かっこいい体になりたい!

読書したい!→文字に埋もれたい!いろいろな知識を増やしたい!魅力的な本がいっぱいある!

 

すみません、具体的に書いたつもりですが、あんまり魅力的な感じではないですね(笑)

 

つまり、

 

なぜそれをするのか、それをしたあとに、どうなりたいのか、

 

を、エサにして、自分のやりたいことにしようということです。

自分に人参をぶら下げよう!

 

まとめ

 

継続できない人の共通点は、

完璧主義で計画性がなく、やる気だけでカバーできる部分が多く、自分に対して人参をぶら下げてなければ、ご褒美もない。

いわば給料0で強制労働させられている感じです。

 

これでは続きませんね( ;∀

 

なので、自分がどうなりたいのか、を具体的に想像し、そこに行くまでに具体的に計画をし、自分に人参をぶら下げて行動しましょう、ということです。

 

1歩でも進んだら自分を褒めましょうね。

これを忘れちゃいけません!

 

 

では今回の記事は以上になります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

それではまた!



コメント

タイトルとURLをコピーしました