トラック運転手の腰痛の原因と対策を元・運転手が解説。

こんにちはきくさん(you_1581)さんです。

 

トラック運転手になってから腰が痛い。

なんでだろう…職業病なのかな…。

この先この痛みはずっと続くのかな( ;∀;)?

そもそもどうして腰痛になるのかな?

重いものを持つから?

どうすれば防ぐことができるのかな?

 

記事の内容を簡単に解説

腰痛の原因と対策がわかる

労災の基準も解説

 

元・トラック運転手歴13年の僕が腰痛の原因と対策を解説していきます!

 

結論、腰痛は運動とストレッチで解決できる。



トラック運転手の腰痛の原因と対策を元・運転手が解説。

まず、腰痛の原因は職業病などではありません

 

なぜなら、

運転手辞めたら腰痛から離れられる!

と、思ったのに退職したあとも結局、腰痛に悩まされているからです。

 

トラック運転手を辞めてからデスクワークになったのですが、運転手時代よりもひどく腰が痛むようになっちゃったんですね。

 

運転手時代の方が腰が楽だったな…

 

と、思っていました。

もう半端じゃない鈍痛で、何をしていても鈍痛…鈍痛…。

困ったなあと思っていたんですね。

 

でも、なにかおかしいと思ったんです。

 

なんで運転手を辞めたのにまだ腰痛が続くんだろう…重い荷物持ってないのにな…

 

と、数日痛いまま日々を過ごしていたんですね。

 

でもあるとき気が付いたんです。

ぼくの腰痛の原因は同じ姿勢でずっといたからなんです。

これに全然気が付きませんでした(ハズカシイ)

 

 

調べてみると

同じ姿勢でいると筋肉が緊張したままになるため、疲れや血行不良になり、腰痛になる

なのでこまめに体制を変えたり、背筋を伸ばしたりするなど対策が必要なんですね。

 

 

結果、調べてから腰痛は劇的に改善しましたよ。

姿勢を変えたり、伸ばしたり、日々の運動時間を増やしたり、ストレッチしたり…。

やれることはやった結果、見事に改善。

 

もっと前に調べればよかった…と思って、トラック運転手の腰痛のことも調べてみたのですが、

やはり、長時間運転による血行不良や筋肉の緊張による腰痛なんですね。

 

ほかには荷物の持ち方が悪くて、炎症が起きている可能性も。

荷物の持ち方の基本です

↓↓

あとは

荷物を持つときにきちんと腰を落としたり、腰で荷物を持つんじゃなくて、全身で荷物を持つことを意識しましょう。

 

腰を痛めた場合

重い荷物を持った場合の腰のケアは、冷やす。

長時間運転による腰痛は、温める。

これを覚えておきましょう。

 

 

腰痛は改善できます、大丈夫です。

だってデスクワークになっても腰痛から離れられないんですから。。。

腰痛+肩こりもやばいです。

 

 

もはや、トラック運転手=腰痛はイメージでしかないです。

どんな職種にも腰痛はありますし、運転手だから腰痛はもはや化石です。

 

それをいうのなら、トラック運転手の職業病は

 

スライドしたトラックを必ず見る

 

ではないでしょうか?

 

だから腰痛は職業病だから仕方ない…なんて思わないで( ;∀;)

 

座り続けている痛みと荷物を持つ痛みとは違うのでは?

重いものをもつと腰が痛くなりますが、ずっと座っているときの方が腰の痛みは強いです。

※個人的な感想です

 

重いものを持った時の腰の痛みって、炎症みたいな痛みなんですよね。

なんか腰が騒いでるなーーみたいな感じです。

 

でも、座り続けている時の傷みって、耐えがたい痛みなんですよね。

なんというか、腰の中からなんかでてきそうな感じ。

ぐっぐっって中から出てきそうな感じです。

マジキツいっす…。



腰痛の予防と対策を解説

結論、運動とストレッチにつきます!

 

よく、腰痛対策にはこのクッション!と品物が販売されていますが、根本的な解決になったことがないです。

 

運転手の時にいろいろな商品を使ったのですが、結局痛みは引かないんですね。

 

整体に行ったりもしていたんですが、結局これも一時的でまた痛くなるんですよね。

 

それもそのはず。腰痛の原因を直視していなかったから、対策に瞑想していたんだと思います。

 

同じ姿勢が原因で筋肉が緊張し、血行不良になって腰痛になっているからですね。

ここを変えないと腰痛を改善することができません。

 

なので調べた結果、

適度に運動をしてストレッチをしましょう

と書いてあったので、毎日1時間歩き、暇があればストレッチをしていたら見事に改善されました。

 

そんな時間ない!と思うかもしれないですが、ずっと腰痛と付き合っていくか、毎日1時間の時間を確保するかでずいぶんと変わりますよ!

 

なにか日常の動きに+でストレッチを組み合わせると良いと思います。

 

ぼくは洗濯物を干すときと畳むときやドライヤーをするときなど、毎日する行動+ストレッチで組み合わせました。

 

運動とストレッチが超重要です!

どんなストレッチ方法がいいか

僕は整体師に坐骨神経痛と言われたのでその方法を取り入れました。

こちらの動画を見てストレッチしています。

 

【坐骨神経痛の治し方】坐骨神経痛を3秒で消す方法

【坐骨神経痛の治し方】坐骨神経痛を3秒で消す方法

 

坐骨神経が引っ張られることで、神経痛になる…これは驚き。

 

坐骨神経痛は圧迫されて神経痛が起きると聞いていたので「この人できる…!」と思って信頼しました。

 

ぜひ見てくださいね。

腰痛の手助けになってくれますよ。

労災の基準も解説

業務災害のみ適応

仕事中に約3か月以上長距離運転手として勤めていることが条件のようです。

詳しくはこちらに書かれていますが-トラック運送業特有の労災について教えてくださいデイライト法律事務所

長距離がない運送会社の場合は、腰痛についての労災は使用できないようですね。

 

やはり、日々の運動とストレッチが超重要です。

まとめ

 

トラック運転手の腰痛は職業病ではない、改善可能。

改善は、運動とストレッチ

労災が適用できる場合もある

 

 

よかったらこちらの記事も読んでみてください(^^♪

運転中に眠気を感じたらやるべきこと

 

 

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました