悩みを自己解決する人とは

 

どうもきくさんです(you_1581)です。

 

今日は

 

  • 悩んでいるが相談する人がいない・・・
  • 人に話さなくても自己解決できる方法が知りたい・・・

 

 

そう思っているあなたに向けて記事を書いていきますね。

 

 

ちなみに

ぼくは昔からどんな問題に直面しても、完全自己解決型人間なので

読む価値はあると思います(^^♪

 

 



悩みを自己解決する人とは

 

基本的に話せる人がいるのにも関わらず、話したくないことが多いです。

 

話したくないと言ったら語弊があるかもしれませんが、

一応今日はこの感じで話を進めていきます。

 

ぼくは過去、友人に、

『いやー○○のことでめっちゃ悩んでた時があってさ・・・その時いろいろ学んだことがあるから、同じような悩みがあったときに話聞くよ!』

 

的なことを友人に話したことがありました。

 

 

そんなときに友人から

 

『そんなに悩んでいるの知らなかった』

『悩んでいたんだったら相談してくれればよかったのに』

『信頼してくれないんだね』

 

 

こんな感じの事言われました。

 

 

正直、友人からこんなことを言われるなんて思っていかったのでなんかショックでした。

でもこれは一度ではなくて、こんな感じの事を言われて胸がいたくなったことが何度もあります。

 

 

『友人のこと信頼していないのかな』

『僕は薄情な人間なのかな』

『悩みを話さなければ友人とは言えないのかな』

 

 

などなど、自分が悩んでいたこと以外に、

こんな関係ない悩みまで増えてきてしまう日々でした。

 

 

基本的に、悩みを人に話さない(話せない)人について 

 

それは

 

他人を信頼していないのではなく、

ただ単に話したくないと思っていることが多いです。

 

これはあくまでも傾向の話ですが基本的に人は人に話す場合は共感を求めている事が多いです。

 

 

愚痴や、楽しい話を相手にした場合、否定されるより

肯定や共感をしてくれた方が嬉しいですよね。

 

なので人に悩みを話さない人は自分自身で

自己肯定をし、自己完結できる人だということがわかります。

 

けっして薄情であったり自分は友人がいないんだ、、、と悲観的に思う必要はありません、

 



そんなあなたに

 

まずは対人ではなく、架空の友人を想像して話をしてみましょう、

 

まず自分の中にある悩みを一つ準備します、

(比較的に簡単なものが良いでしょう、晩飯とか)

 

その悩みを家族のだれかに質問されたと想像します。

 

その時、あなたはどう答えますか?

 

 

こんな感じで対人と話すのではなく、

まずは架空の友人と相談し、話していくことをオススメします。

 

 

この場合、二つの解決策がでてくると思います、

 

  • 感情からの答え
  • 道理や合理的な考え方

 

の、答えが出てきます。

 

 

人はみな、他人の相談ことに関しては

道理や合理的な考え方で回答しています。

 

 

でも自分の悩みことになった場合、ほとんどの人は

感情的な答えを出してしまいます。

 

 

最適解はパターンAなんだけど、

感情はパターンB。

 

 

 

悩みのほとんどはこのパターンが一番多いです。

 

 

自己解決できないひとへ

 

こちらの記事に

【一人で解決編】悩み事が頭から離れない時の対処法
どうもきくさんです。 悩み事があると考えたくないのに考えてしまったり、気分をかえようとしても一瞬悩みが消えても ふとした時にまた思い出したりしてしまうときありますよね。 いったいどうしたらこの思考のループから抜け出...

 

自己解決の仕方が書いてあります、

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

またはココナラで相談者を探してみるのも良いかもしれませんね。

 

一度探してみてはいかがでしょうか?

 



それでは(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました